×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

美容外科と形成外科の違い

文明の発達依頼、女性のもっと綺麗になりたい、という願いは強いもので、外科手術で本来の自分の見た目をすっかり変えてしまうことが可能になっています。
このような手術を行なう外科を美容外科と言いますが、同じような手術を行なう分野に形成外科があります。この二つ外科の違いは
(1)美容外科:もっぱら人体の各構成部分の見た目の改善という美意識による手術を目指し、これによって自分の見た目の劣等感を払拭して、時針を持って生活するQLO重視のもので、身体の構造上の先天的、又は後天的な欠損や変形の矯正ではありません。
したがっていわゆる病気の治療ではないので、大部分の手術に保険の適用はありません。
(2)形成外科:先天的や、後天的な身体の機能状の欠損や、変形の状態を機能や、解剖学的に正常にすることで社会で生活出来るような手術を行なう外科の分野です。
なお、同様に思われている分野にエステがありますか、エステは医療機関ではないので「永久脱毛」などの医療行為は厚生労働省で禁止されていますので、十分注意してください。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

美容外科はお金がかかります。

皆さんは御存知でしょうが、先ほどもお知らせしたように美容外科は病気の治療とは違うので、大部分が保険の適用はありません。ですから、ちょっとした手術でも保険適用とは比べ物にならないほどお金が掛かります。
インターネットで見て見ると、本当に千差万別でここに取り上げられないほどです。
ただ美容外科の場合、料金の高低だけでなく、手術の技術や、後々のフォローなど色々と条件がありますので、多くの人の体験を聞くことも大事ではないでしょうか。自分から「私は美容外科にいった」と言う人は少ないでしょうし、色々な美容外科に行っている人を数多く知っている人はいないと思います。
そのため情報サイトの「教えてgoo」や、インターネットの「美容外科」で検索してより多くの体験談や口コミを見て、それを参考にして各美容外科のブログとを見比べて決める事をお勧めします。しかし、必ずしも自分の思っている結果になるとは限らないこともあり、場合によっては賠償の告訴を起こすことになる。などという事もありえますので、あまり宣伝に惑わされて失敗しないようにしてください。

美容外科の手術

余計な事かもしれませんが美容外科の手術について、特にこれから結婚される若い方に知っておいて欲しいのは、将来生れてくる子供は自分本来の遺伝子が受け継がれている、ということです。
ですから、あまり自分本来とかけ離れるまでの手術は避けられたほうがいいとおもいます。
本当に悩んでいるところだけの手術にしておいて、将来ある程度年をかさねると、若いときはマイナスと思っていた部分が意外と味のある部分になっていることがあります。
ですから、その時になって、やはりこれだけはやっておきたい、と思われる部分をされたほうがいいのではないでしょうか。手術の技術も日進月歩ですから、将来のほうがもっと失敗の少ない方法が確立されているかもしれません。
大金を使って行なう手術ですから、ランキングや、評判なども参考にして。ここがと思った所とよく相談をして後々悔やまないようにまずは必要最小限度の範囲にしておきましよう。ところでしみや、ほくろなどは皮膚科でも治療してくれますし、こちらのほうが美容外科よりは安くてすみます

スポンサード リンク

Copyright © 2008 美容外科について

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。